電話線でLAN | VDSLモデム、VDSLルーター VC-231, VC-234, VC-201A 輸入販売

OA機器廃棄サポート

情報漏えいリスクを回避し、産業廃棄物処理法に則った適正処分を行います。

サーバー、パソコン・モニタ・プリンタ・コピー機等、OA機器の廃棄に特化することにより、法規制/情報セキュリティー(情報漏洩)に対するリスクを回避するOA機器廃棄サポート、データ消去サービスをご提供します。

bn_04

排出事業者責任

産業廃棄物を排出する事業者のことを排出事業者と呼びます。
廃棄物を処分するとき、どういった方法で処理するかの選択、処理を委託する業者の選択等、廃棄物の処理過程全てに責任がかかります。

例えば、処理を委託した廃棄物が不法投棄されていた事が発覚した場合、不法投棄を行った業者に対してだけでなく、処理を委託した排出事業者にも責任が問われます。

このような事から、排出事業者は自己の身を守る為にも産業廃棄物の処理について正しい知識を身につけ、不法投棄などの不正処理に荷担しないよう留意することが大切です。

パソコン 廃棄・処分

弊社が取り扱いに特化している「不要になったパソコン・モニタ・プリンタ等のOA機器も産業廃棄物」として扱われ、廃棄の際には廃棄物の処理及び清掃に関する法律(通称:廃棄物処理法)に基づかなければなりません。

パソコン等OA機器類の廃棄は、法律上で注意する点はそれほど多くありませんが、下記の点に注意する必要があります。

  • 正しい許可を持った業者を選ぶこと
  • 産業廃棄物処理委託契約を締結すること
  • 処理業者に委託する際(廃棄時)にマニフェスト伝票を交付すること
  • データ消去を事前に行うこと

データ消去

セキュリティ対策を行ったネットワークの再構築や居室管理・人的に社員教育などの対策を行っても、パソコン・サーバーを処分するときに対策を行っていなければ意味がありません。

  • データをゴミ箱に捨てる。「削除」操作を行う。
  • 「ゴミ箱を空にする」操作を行う。
  • ソフトで初期化(フォーマット)する。
  • 工場出荷状態に戻す。

などの作業では、ハードディスク内に記録されたデータのファイル管理情報が変更され、実際のデータが見えなくなっているだけで、データは消えていません。
つまり、一見消去されたように見えますが、Windows(R)などのOSで、データを呼び起こす処理が出来なくなっただけで、実際のデータは残っているという状態にあります。

マニフェスト伝票

産業廃棄物管理票のことをマニフェスト伝票と呼びます。
産業廃棄物の処理の流れを把握するための管理票で、廃棄物の名称、数量、委託先等を記載します。

排出事業者が、収集運搬業者、処分業者に対してマニフェストを交付して、委託した廃棄物が最終処分まで移動することを常に確認しながら処理していくことで、不法投棄の防止など、適正な移動管理を確保することを目的としています。

産業廃棄物収集運搬業許可

  • 大阪府 許可番号:第2700126314号
  • 兵庫県 許可番号:第02801126314号
  • 東京都 許可番号:第13-00-126314号

 

bn_04

お見積は無料です。
マニフェスト伝票、データ消去証明書、廃棄証明書、リース会社提出用書類にも対応致します。

お気軽にお問い合わせください TEL 050-6861-7910 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

法規制に則り、また、情報漏えいのリスクを回避するOA機器廃棄サポートを行っています。データ消去出張サービス。マニフェスト、各種証明書発行。
  • facebook
PAGETOP
Copyright © 株式会社ナクト(nact Inc.) All Rights Reserved.